クロトリマゾールは水虫に効くだけではない

クロトリマゾールといえば水虫の治療薬として有名ですが、その他にもカンジダ症にも効きます。どちらにも効きますので常備薬として置いておられる方も多いようです。是非効果や副作用を知って今後に役立てましょう。

クロトリマゾールは水虫に効くだけではない

クロトリマゾールは水虫とカンジダに効く

人は日々感染症の危険性に晒されています、重篤なものも日和見なものも意識せぬうちに感染し発症に至ります、その感染症は細菌によるものばかりではありません、真菌といったカビの仲間による感染症も多いものです、よく知られているのは白癬菌による水虫や、カンジダ菌によるカンジダ症などです。
細菌の場合は各種抗生物質が治療に使われますが、真菌類による疾患には抗真菌剤が使われます、水虫やカンジダ症、癜風(でんぷう)菌による癜風などに使われるイミダゾール系のクロトリマゾールという成分はそういった真菌類によく効く成分です。
クロトリマゾールは最近開発された新薬ではありません、1961年には日本に於いても上市している歴史と実績のある成分なのです。
白癬菌による体幹のたむしや足の水虫には液剤やクリーム剤といった外用薬として使用され、女性器のカンジダ症には膣錠として使用されます、注射剤や内服薬はありませんが口腔カンジダ症にはトローチ剤があります。
クロトリマゾールは人の細胞膜には存在しないエルゴステロールという物質を阻害することにより真菌類の発育を止めます、内服薬ではないので副作用についてはそれほど心配する必要はありませんが、局所的に刺激を感じることがあります、ただれたりした場合は使用を中止し医師に報告した上で使用継続の可否や代替薬の検討などの診断を求めなくてはなりません。
また、クロトリマゾールがカンジダ症に効果的なのは確かですが、同成分を含む市販の水虫薬などを適用となっている水虫やたむし以外の部位に使用してはいけません、水虫薬としては他の添加物も配合されていて刺激が強いなどの問題があります、医師の診断の上で処方してもらったものを使用するようにしましょう。

クロトリマゾールの副作用や注意点

 クロトリマゾールは真菌の増殖を抑える薬です。真菌とはカビの一種で白癬菌いわゆる水虫やカンジダ症、アスペルギルス症、そして脂漏性皮膚炎の治療薬として使われています。クロトリマゾールはイミダゾール系の抗真菌約です。強い抗菌作用があり、白癬菌やカンジダ、アスペルギルス、癜風菌などの殺菌に有効です。きちんと殺菌すれば完治させることができます。
 薬の種類は軟膏、クリーム、液剤などがあり、副作用は少ないです。しかし、液剤は刺激が強いのが難点ですが浸透力が強いので皮膚が硬くなってしまった患部に適しています。
 クロトリマゾールの副作用としては、ひりひりとした刺激感や接触性皮膚炎などが引き起こされます。接触性皮膚炎は発赤、紅斑、かゆみ、かぶれなどの症状が現われます。接触性皮膚炎は誰にでも起こり得る可能性があるため注意が必要です。
 ただれがひどい患部や傷のある部位では使用に注意が必要です。上記にも記載しましたが液剤は刺激が強いので特に注意をしましょう。使用するに当たり注意する点が他にもいくつかあります。
 指示された期間治療を続けること。完治させるには時間がかかります。途中で薬を塗るのをやめてしまうと治らないので、きちんと決められた期間薬を塗る必要があります。使用回数を守ること。塗りすぎるとかぶれや皮膚炎を引き起こします。薬を塗った後に患部を包帯で巻かないこと。包帯で巻いてしまうと病気が悪化する場合があります。薬が目に入らないように気を付けることです。使用方法に気を付けないと副作用や病気の悪化につながってしまうので注意しましょう。
 クロトリマゾールを使用する際医師の指示を良く聞いて、もし副作用が出てしまった場合は速やかに医師に診てもらうようにしましょう。

水虫にならない為の生活環境

 水虫は白癬菌という菌が原因で発症します。白癬菌は真菌というカビの一種で足に付着すると足の間がぐちゅぐちゅになったり、赤く腫れ痒みを伴ったりします。水虫になってしまったら抗真菌薬を塗って治療をします。抗真菌薬の中にクロトリマゾールという塗り薬があります。クロトリマゾールはイミダゾール系の抗真菌薬で真菌の細胞の主成分であるエルゴステロールの生育を阻害し殺菌する薬です。クロトリマゾールは比較的副作用の少ない薬ですが、刺激感や接触性皮膚炎などの症状が出ることがあるので注意が必要ですが、効きめが良いのが特徴です。クロトリマゾール以外にも水虫薬はたくさん種類がある為自分に合った薬を選ぶことが重要です。
 水虫の薬は多数ありますが、水虫にならないことが一番です。水虫にならないためにはどのような生活を心がければ良いのでしょうか。
 白癬菌は皮膚に付着していても24時間以内なら洗い流せます。そのため、毎日お風呂に入って足をよく洗いましょう。お風呂に入った後は足のを良く拭き通気性を良くすることも重要です。家族に感染者がいる場合は足ふきマットを別々にしたり、共同の場所を利用したら足を洗う必要があります。足が洗えない場合はアルコールなどで足を拭きましょう。爪切りも家族用と自分用と分けて使うのが無難です。そして、一日中履いた靴は汗などで湿っていて水虫菌が好む場所です。そのため、同じ靴は履かずに毎日違う靴をはきましょう。一番の予防は素足を太陽光にあてると殺菌作用があるので、休日等にひなたぼっこをするのはいかがでしょうか。また、
 水虫菌に感染している家族と同居している場合は自分だけ予防や治療をしていても意味がありません。家族と一緒に水虫を予防、治療していきましょう。
■こちらもおすすめ
ケトコナゾール
■薬局に売ってない薬もある
薬 通販
■水虫はこちらで確実に治療しましょう
イトリゾール
■水虫以外にも頭皮でお悩みならこちらのシャンプーがオススメ!
ニゾラールで皮膚を清潔に保つ