クロトリマゾールといえば水虫の治療薬として有名ですが、その他にもカンジダ症にも効きます。どちらにも効きますので常備薬として置いておられる方も多いようです。是非効果や副作用を知って今後に役立てましょう。

クロトリマゾールは水虫に効くだけではない

水虫による指のかゆみ改善に有効「クロトリマゾール」

水虫といえば足にできる、皮膚病とイメージがありますが、実は他の体の部位にも出来るケースは少なくありません。
白癬菌というカビは、ケラチンというタンパク質をエサとしています。
皮膚の主成分はケラチンですので、白癬菌は皮膚に感染して増殖します。
白癬菌が皮膚に感染する事で、水虫になってしまうのです。

足の裏は特に白癬菌が感染しやすいのですが、指も水虫の症状が現れる場合もあります。
指に強いかゆみがあり赤くなっていたり、皮膚が剥がれ落ちるような症状があれば、もしかしたら水虫になっているかもしれません。

水虫になってかゆみが現れるのは、体が持つ免疫機能の働きによるものだと、考えられています。
人間の体は外からウイルスや細菌が侵入した場合、外へと追い出そうとする免疫機能が働くのです。
白癬菌が皮膚の奥に入り込むと、早く追い出そうとする機能が働きます。
この働きにより、強いかゆみが現れるのです。

指に水虫が出来た場合、通常抗真菌作用のある外用薬で、治療するケースが一般的です。
抗真菌作用のある外用薬を塗る事で、白癬菌を殺菌する事ができます。
外用薬には色々な種類がありますが、中でも特に処方されているのが「クロトリマゾール」という成分を含んだ外用薬です。

クロトリマゾールはイミダゾール系の抗真菌薬で、高い抗真菌作用を持っています。
また、様々なカビの種類に対処できる事から、水虫治療だけでなくカンジダや癜風菌の治療にも用いられています。
クロトリマゾールは塗った時の刺激がほとんど無い事から、安心して使えると多くのクリニックで処方されているようです。

ただ、抗真菌作用に優れたクロトリマゾールであっても、1回塗った程度では白癬菌を完全に除去する事は出来ません。
水虫を改善する為には、根気よく治療を続ける事が大切です。