クロトリマゾールといえば水虫の治療薬として有名ですが、その他にもカンジダ症にも効きます。どちらにも効きますので常備薬として置いておられる方も多いようです。是非効果や副作用を知って今後に役立てましょう。

クロトリマゾールは水虫に効くだけではない

光が丘で水虫でのひび割れにお悩みならクロトリマゾール

水虫は、白癬菌というカビが原因で起こる皮膚の感染症で、かゆくなったり、ひび割れなどの症状が起こります。
国内では、足水虫にかかっている人が、およそ5人に1人、爪水虫にかかっている人も10人に1人はいるといわれているので、光が丘にお住いの方で治したいと思っている方があれば、クロトリマゾールなどの薬を利用するようにしましょう。

水虫のタイプは4つに分かれますが、もっとも多いのは趾間型になります。
足の指の間、中でも4番目と5番目の指の間が白くふやけて、皮がむけたようになり、症状が進むと、むずがゆさを感じるようになります。
小水疱型は、5月初めから梅雨時にかけて増える水虫で、土踏まずや足の側縁に赤みを帯びた小さな水疱がたくさん出来ます。
水疱は一週間程度で乾燥し、ぼろぼろと皮がむけるのですが、他の部位にまた新しい水疱が出来て、少しずつ広がっていくのが特徴です。
爪白癬は、爪水虫とも呼ばれ、爪の中に白癬菌が入って、爪が白く濁ったり、ぶ厚くなったり、もろくなり、ぽろぽろと欠けるので見た目も悪く、何度も繰り返すので厄介です。
角化型はまれに起こるもので、かゆみなどの自覚症状はほとんどないものの、かかとの部分の角質が厚くなり、表面がザラザラになって皮がむけ、冬になると、あかぎれやひび割れが出来ることもあります。
光が丘には病院が多いので、かゆみやひび割れに悩まされたら、水虫によく効くクロトリマゾールなどの薬を病院で処方してもらうようにしてください。
もし病院以外で、光が丘でクロトリマゾールを手に入れる方法をお探しなら、個人輸入代行通販を利用するとよいでしょう。
クロトリマゾールを扱っているサイトは多いので、価格比較をしてから注文するようにしましょう。